ワサビを収穫。

「ワサビが採れるらしい」
え、こんなところで!?
向かい隣の方(Sさん)が5年前に植えたというので、半信半疑でワサビを採りに行くことになりました。
私と同居人と同級生とSさんで探しに、崖を降りていく降りていく…
山に慣れたSさんは、さすが、急な崖も臆せず、どんどん道を鎌で切り開いていきます。
置いて行かれそうになるわたし。

ワサビがあるという小川が見えました!
Sさんは上から、ワサビの葉をすぐに見つけられました。


さて、どんなものかな…って、小さい!笑
しかし、かじってみると、本当にワサビで、しかもあの、ツーンとした辛さは無いのです!ワサビが苦手な私でも食べられました。

小さかったのですが、やはりワサビが育つ水ですから、とてもきれいなものです。

さて、ワサビの他にも道中、ミョウガタケとフキも手に入れたので、今日はどんなふうに頂きましょうかと、ちょっと早めのそうめんで。
おろしワサビ、千切りミョウガでそうめんを、ずずーっとすすれば、
「…おいしい!」とうなる3人。
ちょっと苦労したのもあってか、おいしさ倍増ですね。
ワサビの葉は、お湯をサッと通し、醤油で。
ご飯が進みそうです…今晩はこれで決まり!
フキも佃煮にして、ストック。結構これが2週間置いてても食べられるのです!

夏野菜も待ち遠しいですが、5月6月の梅雨の間も、色々探そうかな。

コメント